忍者ブログ

淑女的浪漫風

淑女のあれこれ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビンタと号泣と

これも随分前のことになりますが、私はその当時、ある美術専門学校の近くに住んでいました。

仕事は平日が休みだったので、午後に近所のスーパーなどへ出かけると、その学校の生徒さん達と、よくすれ違ったのですが、美術専門学校なので、サブカル系の女の子やアキバ系の男の子も多かったのです。

あるお天気の良い午後、私は自転車に乗っていて、家の近くの交差点で信号が変わるのを待っていました。
すると、その専門学校の生徒さんらしき女の子と男の子が交差点に近づいて来ました。

方向的に言うと、私が12時の方向に向かって自転車に股がっていて、その子達は9時の方向からやって来ました。
その子達の行く方向は青信号なので、3時の方向へ交差点を超えて行くのですが、どうも雰囲気が尋常じゃない。

女の子は小柄で可愛らしい子でしたが、憤怒の形相で口をキッと結び、先に立ってどんどん歩いて行きます。後ろの男の子の方は、見向きもしません。
後ろから付き従うように歩く、眼鏡をかけた男の子は、少々小太りでオシャレとは言えず、小柄な彼女とあまり背丈も変わらない、まぁ正直言って冴えないタイプです。

女の子が青信号の交差点に足を踏み入れようとした時、くるりと男の子の方を振り向いて見つめると、男の子は困ったようにウフフと照れ笑いを浮かべたのです。
その時、女の子の右手が上がり、懇親の力で男の子の横っ面を張り飛ばしたのです。

私は自転車に股がったまま、口あんぐりです。

すると女の子の方が、突然顔をグシャグシャにして、うわーっと泣き出したのです。もう、声を上げて、わんわんと号泣していました。
男の子の方は、諦めたような悲しそうな顔をしてうつむき、大声で泣きながら交差点を歩いて行く女の子の後をトボトボと着いて行ったのです。


青春……。だけど、胸の痛む光景でした。


その後、信号が変わり、私は自転車に乗って家へ帰ったのですが、道々彼らの間にはどんなドラマがあったのだろうと考えていました。

想像ですが、彼は彼女の事が好きで、それを知った友人達が、彼らが二人っきりで帰れるようにお膳立てし、好きでもない冴えない男の子と、勝手にセッティングされた女の子は、恥ずかしさと悔しさで怒り心頭。
ヘラヘラ笑う相手の男の子に我慢ならず、ビンタを食らわせたものの、そういうことをした自分に絶望的な気分になり、友達も嫌い、こいつも嫌い、あたしも嫌い、と感情爆発。

なんてな。


あの女の子も男の子も、けっこう傷ついたと思うけど、乗り越えて、良い大人の男性と女性になっていてくれればいいなと思います。





拍手[0回]

PR


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

淑女カタログ

ブログ内検索

幻想美人


タイトルクリックで展開します









忍者アナライズ

楽天市場








twitter

熨斗と水引


プロフィール

HN:
JADE
HP:
性別:
女性
趣味:
古書店巡り
自己紹介:
古い本と文学好きな、北国の熟女でございます。
Copyright ©  -- 淑女的浪漫風 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]