忍者ブログ

淑女的浪漫風

淑女のあれこれ

カテゴリー「恋」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

危ない恋は、ほどほどに。

12月になりますと、そろそろお仕事仲間やお友達と忘年会をされる方も多いと思います。
私も、たまにですが「女子会」に、厚かましくも呼んでもらい、若い女性の恋バナなどを聞かせていただく機会があるのですが、最近は二十代でもバツイチの子が少なくなく、ふと周りを見回すとバツイチ、バツニ……。

人生色々ですね。

さて、その女子会に来ていたアラサーのOLさんのお話。

彼女は十代の頃に結婚し、二十代半ばに離婚してから、お付き合いする男性は既婚者ばかりなのだそうです (´・ω・`)
もう結婚したくないから、その方が都合がいいと。

私は「オバちゃん、悪いこと言わないから。そういうの止めた方がいいよ。自分達はそれでいいと割りきっていても、あちらのご家族にはそんな簡単な事じゃないし、訴えられたら負けるよ」と言っておきましたが、聞かないだろうな……。

このお話を聞いた時、彼女、四十代と五十代の既婚男性を両天秤に架けていました。まぁ、ある意味恐れ入りましたが。

他の女性達が、彼女に向かって「昔、水商売やってたの?風俗?」と、遠慮の無い質問をするので、私は青くなりましたが、なんかあまり深刻では無いんでしょうかねぇ。彼女、困った顔をしてこう言いました。

「そう言うのはやってない。結婚詐欺だけ」

もう時効のようですが、この後は書けません……(((;゜Д゜)))

拍手[0回]

PR


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ビンタと号泣と

これも随分前のことになりますが、私はその当時、ある美術専門学校の近くに住んでいました。

仕事は平日が休みだったので、午後に近所のスーパーなどへ出かけると、その学校の生徒さん達と、よくすれ違ったのですが、美術専門学校なので、サブカル系の女の子やアキバ系の男の子も多かったのです。

あるお天気の良い午後、私は自転車に乗っていて、家の近くの交差点で信号が変わるのを待っていました。
すると、その専門学校の生徒さんらしき女の子と男の子が交差点に近づいて来ました。

方向的に言うと、私が12時の方向に向かって自転車に股がっていて、その子達は9時の方向からやって来ました。
その子達の行く方向は青信号なので、3時の方向へ交差点を超えて行くのですが、どうも雰囲気が尋常じゃない。

女の子は小柄で可愛らしい子でしたが、憤怒の形相で口をキッと結び、先に立ってどんどん歩いて行きます。後ろの男の子の方は、見向きもしません。
後ろから付き従うように歩く、眼鏡をかけた男の子は、少々小太りでオシャレとは言えず、小柄な彼女とあまり背丈も変わらない、まぁ正直言って冴えないタイプです。

女の子が青信号の交差点に足を踏み入れようとした時、くるりと男の子の方を振り向いて見つめると、男の子は困ったようにウフフと照れ笑いを浮かべたのです。
その時、女の子の右手が上がり、懇親の力で男の子の横っ面を張り飛ばしたのです。

私は自転車に股がったまま、口あんぐりです。

すると女の子の方が、突然顔をグシャグシャにして、うわーっと泣き出したのです。もう、声を上げて、わんわんと号泣していました。
男の子の方は、諦めたような悲しそうな顔をしてうつむき、大声で泣きながら交差点を歩いて行く女の子の後をトボトボと着いて行ったのです。


青春……。だけど、胸の痛む光景でした。


その後、信号が変わり、私は自転車に乗って家へ帰ったのですが、道々彼らの間にはどんなドラマがあったのだろうと考えていました。

想像ですが、彼は彼女の事が好きで、それを知った友人達が、彼らが二人っきりで帰れるようにお膳立てし、好きでもない冴えない男の子と、勝手にセッティングされた女の子は、恥ずかしさと悔しさで怒り心頭。
ヘラヘラ笑う相手の男の子に我慢ならず、ビンタを食らわせたものの、そういうことをした自分に絶望的な気分になり、友達も嫌い、こいつも嫌い、あたしも嫌い、と感情爆発。

なんてな。


あの女の子も男の子も、けっこう傷ついたと思うけど、乗り越えて、良い大人の男性と女性になっていてくれればいいなと思います。





拍手[0回]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

歌枕

歌枕

喜多川歌麿の浮世絵「歌枕」からの一枚。


浮世絵の春画というと、デフォルメも甚だしいとんでもないものが多いですが、これはちょっと珍しく可愛らしい。
男女の顔が見えない構図が斬新です。

若い女性がどこぞの若旦那と昼下がりの情事といった様子。
後ろ向きでちゅーしていますが、お尻は見えちゃってるし、白い足はしっかり彼の腰を挟んでいます。
よく見ると、かなり色っぽい。

木版画でこれほど緻密に美しく、衣装の柄や髪の毛などを表現しているのは、世界広しといえども日本の浮世絵くらいではないかと思います。


しかしながら、この「歌枕」、かなりえげつない作品も含まれていますので、ご興味の有る方はお気をつけ下さい。





【送料無料】喜多川歌麿

【送料無料】喜多川歌麿
価格:1,155円(税込、送料別)



拍手[0回]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

BL

ボーイズ・ビー

ネタ?

後ろの淑女もさることながら、男の子のTシャツの長さが気になって……。
自分で切ったの?売ってるの?

あ、注目する点は、そこじゃないか?



 




拍手[1回]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

彼と彼女のおんぶについての考察

だいぶ前の事になりますが、ある日の午後、私が家へ帰ろうと近所の一本道を歩いていた時の事です。 私の前方10メートルくらいに、二十代前半くらいのカップルが並んで歩いていました。

するとですね、突然彼氏の方が道の真中でしゃがみ込んだんですよ。
あれ?何だろうと思っていると、どうやら彼氏、彼女におんぶするから、背中に乗れと誘っている。

私は歩調を緩めました。そんな最中に、追い越したくないですから(笑)
しかし、彼女はもじもじしたままで彼の背中に乗りません。

私は心の中で思いました。
そりゃ、無理だよお兄ちゃん、彼女タイトなスカート履いてるじゃないの、と。

彼女は一向におぶさりません。
私は歩調を緩めるどころか、足踏み状態です。

結局、彼氏は立ち上がり、また二人並んで歩き出し、私もほっとして歩き出しました。


実は、私も昔、彼氏が突然道の真中でしゃがみ込んでおんぶしてくれた事がありました。
まぁ、夜道で誰も歩いていないから、いいかなと思ったのですが、すぐ疲れたのか下ろされましたけどね(笑)

思うに、男女間でのおんぶや、あの所謂「お姫様抱っこ」は、女性がしてもらいたがる以上に男性がしたいのではないかと思うのです。

男性の方が女性よりスキンシップを求めている気がするのですが、よりストレートに言えば、ああいう行為は「抱きたい」気持ちの前哨戦的態度ではないかと思うわけですよ。





拍手[0回]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

淑女カタログ

ブログ内検索

幻想美人


タイトルクリックで展開します









忍者アナライズ

楽天市場








twitter

熨斗と水引


プロフィール

HN:
JADE
HP:
性別:
女性
趣味:
古書店巡り
自己紹介:
古い本と文学好きな、北国の熟女でございます。
Copyright ©  -- 淑女的浪漫風 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]