忍者ブログ

淑女的浪漫風

淑女のあれこれ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

黒船屋のお葉



これは竹久夢二の有名な作品「黒船屋」です。
黒猫を抱いた着物姿の女性は、ほっそりして弱々しく、大きな黒猫を抱くのもしんどそうな風情ですね。

デッサンについては、あれ?と思う部分もあるのですが、女性のたおやかさを表現する為のデフォルメなのかもしれません。

竹久夢二は、モデルがいないと絵が描けない人だったそうです。
そして、妻や恋人をモデルにして、ロマンチックでたおやかな美人画をたくさん残しました。

最初の恋人は二歳年上の絵葉書屋の娘で、結婚して二人の子供をもうけたものの別れてしまいます。二番目の恋人は、一回り以上も年下の美術学校の生徒で、二人の関係を知った娘の父親に引き離された後、彼女は病死してしまい、夢二の永遠の恋人となりました。

そして、彼女を失っった夢二が次にモデル兼恋人にしたのが、この「黒船屋」のモデル、お葉こと永井兼代です。
彼女もまた美術学校の生徒で、モデルとして夢二の元に通っているうち、そのまま彼の部屋で暮らすようになりました。

そこは本郷にあった菊富士ホテルという高級下宿でしたが、夢二はこのホテルの二部屋をアトリエ、息子との住まい、そしてお葉の部屋と、三部屋借りていたそうなので、随分羽振りも良かったようです。

面長で痩せぎす、脆そうな肢体の彼女を見たホテルの従業員は「夢二さんの絵とそっくり」と驚いたとか。

しかし、彼女はとても奔放な女性で、美術学校の男子生徒のみならず、教師やその他大勢の男性と関係を結び、夢二が留守をすると、他の男性と旅行に出かけてしまうような浮気な女性でした。

そして夢二は彼女を打擲し、泣かせ嘆かせてはその姿をモデルに絵を描いていたと思われるフシもあり、芸術家の業を感じるような逸話を残しています。

 お葉の画像はこちら↓



左が竹久夢二、右がお葉こと永井兼世です。
眉が悲しげですね。
何というか、男性がいじめて泣かせたくなるような女性でしょうか?

彼女は夢二と世帯を持ちますが、子供を死産した後、また浮気グセが出て愛人と出奔したり、舞い戻ったりし、夢二も他の女性に気持ちを移して別れてしまったようです。




拍手[1回]

PR


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
  

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

淑女カタログ

ブログ内検索

幻想美人


タイトルクリックで展開します









忍者アナライズ

楽天市場








twitter

熨斗と水引


プロフィール

HN:
JADE
HP:
性別:
女性
趣味:
古書店巡り
自己紹介:
古い本と文学好きな、北国の熟女でございます。
Copyright ©  -- 淑女的浪漫風 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]